<< ウォールデコがお得なキャンペーン実施中!【全商品10%OFF】(1/31まで) | main | 真冬のうるつる肌応援キャンペーン! >>
2019.01.19 Saturday

日本語教育能力検定試験 合格パック 2019

0
    日本語教師になるための方法はいくつかありますが、
    「日本語教育能力検定試験」に合格する、というのが
    その1つになります。
    「日本語教育能力検定試験」は年に一度、毎年10月下旬に
    実施される試験で平均合格率23%と難関試験です。

    「合格パック」は、その難関試験の対策をするための教材で、
    試験範囲を完全に網羅しています。

    また、同講座の修了生の試験合格率は、
    なんと57.4%と、平均の約2.5倍です。


    ▼そんな「合格パック」の中身は?

    「NAFL日本語教師養成プログラム」
    (開講30年の歴史がある通信講座です)
     +
    副教材5点
    (検定試験を知り尽くした著者と編集部が厳選した、
    問題集や講義DVDなどの教材です)
     +
    願書 ※2019年6月に別送
    (取り寄せの手間を省き、出願忘れを防げます)

    ボリュームがありますが、「合格パック」を
    きちんとこなせば、他に手を出さなくても合格できます!


    ▼一人で学習を続けられる?

    「合格パック」には、受講生の皆さんの学習を応援する
    さまざまなサポートがあります。

    ・月に一度のサポートメールで、「今やるべきこと」、
    教材の使い方などをアドバイスします。

    ・受講生専用SNSでは、分からないところを学習コーチに
    質問したり、受講生同士で交流したりできます。

    ・受講生は無料で参加できる「就職サポートセミナー」で
    検定試験受験後の就職活動もサポートします。


    ---------------------------------
    「合格パック」の安心&お得な制度
    ---------------------------------

    【1】合格保証制度
    万が一、試験に不合格だった場合、一定の条件を満たすことで
    10万円の返金を受け取れます。
    ※2019/1/24までにお申し込みいただいた方に限ります。

    【2】合格お祝い金
    2019年の試験に合格された方に
    5,000円分のQUOカードをプレゼントします。

    【3】合格応援早割制度
    早ければ早いほどお得な価格でご購入いただけます。

    【3%OFF】2019/1/25 -2019/3/28 →135,606円(税込)

    ※2019/3/29?2019/4/30は定価139,800円(税込)での販売となります。

    アルク

    ---------------------------------
    「合格パック」VS通学の「養成講座」
    ---------------------------------

    日本語教師になるための方法として、
    日本語教師養成講座に
    通学する方法というのもありますが、
    「合格パック」を使って検定合格を目指すのがいいのか、
    養成講座に通って420時間の課程を修了するのがよいのか、
    比較してみました。

    ▼コスパがいいのは?
    養成講座に通うとなると、約60万円の費用がかかりますが、
    「合格パック」であればその4分の1から5分の1の費用で済みます。

    ▼忙しい人に向いているのは?
    養成講座に通う場合は、決められた時間に決められた場所に
    行く必要がありますが、「合格パック」は好きな時間に
    好きな場所で学習することができます。

    ▼実践力がつくのは?
    養成講座には必ず実習の授業が含まれていますので、
    実践力を養うことができます。
    一方「合格パック」は検定合格を目指すための教材なので、
    実践力を身に付けることはできませんが、
    別途提携している日本語学校の実践プログラムを
    割引で受講できる制度があります。

    ▼就職に有利なのは?
    実践力を重視する学校の場合、
    養成講座出身者の方が有利になるかもしれませんが、
    今、日本語教師は国内外で不足しているので、
    就職先で研修を受けられるのであれば、
    実践の経験の有無は問われません。
    むしろ、養成講座を受講した学校の「色」が
    ついた人よりも、まっさらな状態の検定合格者が
    受け入れられやすい場合もあります。

    また、気を付けなければいけないのが、
    法務省が新たに定めた基準を満たす教育機関で働きたい場合、
    大学卒業以上の学歴が必要となります。
    もし、大卒資格がない場合は検定試験に合格していることが
    必須となります。

    ▼将来的に役立つのは検定合格? 420時間?
    転職や昇進の際に検定に合格していることが
    条件となる場合があるので、検定に合格していないと
    肩身の狭い思いをすることもあるようです。
    養成講座出身者でも、後々検定を受験する人も多いです。

    アルク

    JUGEMテーマ:外国語学習
    2019.08.22 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      つぶやいてます。
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM